チップテスター【VMS2000】1ステージ
本装置は供給リング上でエキスパンド済みLDチップを測定テーブルに移載し、IL、IRを測定後、配列リング上に収納するセミオートタイプのチップ測定装置です。
仕 様
★対象ワーク
・ワークサイズ
W=0.25~0.3mm
L=0.25~0.6mm
t=0.08~0.15mm
*ワークの仕様によっては上記仕様を満足できない事が発生します。

★タクトタイム
2.1Sec/P(200ポイント測定時)

★配列テーブル並びに配列エリア

リング:120mmφ×20mm
シート:80mm□
配列数:2枚
配列エリア:50mm□



・配列エリア
1リング(シート)を1ランクの分類とします。(2分類/MAX)

・配列設定
①良品1ランク(NGはNGポケットへ)
②良品2ランク(NGはNGポケットへ)
全てを配列(測定したもの全てを順番に並べ替えます。)