三面外観検査装置【VVSP4000】
ポケットトレーで供給されたNGバーの上面、発光面(前、後端面)の外観検査を行い、NGチップにスクラッチマークを付け、元のトレーに戻す、セミオートの外観検査装置です。
仕 様
★装置特徴

①バーの外観検査は各チップごとに行い、NGチップはスクラッチによりマーキングします。
②検査テーブルのキャビティ対応幅は3段式とし、ワークのキャビティによる段取り替えは不要です。
③チップ対応も出来ます。搬送コレットは交換が必要です。タクトはバー上のチップと比較するとかなり遅くなります。



★対象デバイス

①対象ワーク LDバー及びチップ
 LDバー
 キャビティ=250μm ~ 2000μm
 幅=300μm ~ 800μm
 厚=80 ~ 200μm
 バー長=5 ~ 15mm
 検査テーブル3種を用意します。
 3種に不適なワークは別途適合テーブルを購入願います。

 チップ
 上記バーをチップ化されたものを対象とする。

★検査タクト

トレーよりピックアップからトレーへ収納までの処理時間 2分以下/バー
※検査タクトを超えるスクラッチ要求が発生した場合はタクトが延びます。